sishumu.com

面接試験で余計な言葉は禁物です

面接までの流れについて 学生さんが受ける就職試験でも、社会人になってから受ける転職試験でも、大事なことは面接試験に通ることです。つまり、面接することが最終試験になる訳で、この試験を通らないと、今までの苦労も水の泡と言うことになってしまいます。ですが、この面接試験を軽く考えすぎている人もいますので、注意が必要になります。例えば、たった一言不注意な発言をしてしまったことで、試験官の印象が悪くなり、不合格になってしまった人もいるくらいです。

そのため面接試験には、最大限の努力を払うべきです。試験官とも初対面になります。そのため、第一印象が非常に大事なります。その第一印象とは、服装を含めたスタイルになります。太めの人が細くなれば、良いと言うのではありません。その人に合ったスタイル、そして清潔感のあるスタイルが望ましいことになります。男性でも女性でも、派手になってはいけません。ですが、地味すれば良いと言うものでもありません。リクルートスーツで良い訳ですから、汚れのない服装が良いことになります。

また、試験中の態度です。余計な話しは、必要ありません。出された質問に、簡潔に答えることが大事です。また、解らないことを、知っているようなフリはいけません。知らないことは、知らないとハッキリしましょう。


Copyright(c) 2019 面接までの流れについて All Rights Reserved.